成長率エンターテイメント

[1年前の西野亮廣エンタメ研究所の記事]

こんにちは、財前です。
今回も、西野亮廣さんが過去にサロン内で公開された記事を載せたいと思います。

オンラインサロン 投稿日2018年8月31日(金)

「成長率エンターテイメント」
昨日の『おとぎ町の素敵な音楽会』は控えめに言っても最高すぎた。
イベントのことはブログの方で書くが、演奏もダンスも、そりゃプロに比べればボロ負けなんだけれど、それでも泣けたのは、要するに、「努力して、成長している過程がエンターテイメントになっていた」ということに尽きる。
イベント終わりで、超大手の経営・コンサルティング(プロデュース?)会社の副社長の方との打ち合わせがあった。
ザックリ言えば、「スナックをチェーン展開したいのですが、Candyさんと組めないですか?」という内容。
事業計画書を見せてもらったんだけど、『SNSのフォロワーが多い人をママにする&クラウドファンディングで初期費用を作る』とあって、「全然イケてねーな」と思った。
SNSのフォロワーが多い人が集客に成功して、クラウドファンディングでお金を集められるのであれば、ロンブー淳さんの事業や、クラウドファンディングは成功していたハズだ。
フォロワー数と「集客&クラウドファンディングで集められるお金」は、まったく比例しない。
あと、「僕や前田さんが、そんな線引きをしてもいいのか?」という“見え方”の部分もある。
今、Candyは全国に30店舗ぐらいあるんだけれど(先日、広島店と那覇店がオープンしたよ)、運営会社は店舗ごとに違っていて、彼らが、僕や前田さんや小谷夫妻の何に共感して『Candy』を始めたかを大切にしなきゃいけない。

「失敗」を奪うな

いろんな人を巻き込むことになるので、「組むことで、Candy側に、どんなメリットがあるんですか?」と踏み込んだ質問もしてみた。
すると返ってきたのが、
(要約すると)「我々がこれまで培った経営のノウハウをお伝えして、店がコケないようにプロデュースしますよ」
だった。
「コケなくていいのか?」と思った。
不器用だけど懸命に演奏する幻冬舎・舘野さんや、SHOWROOM前田さんや、お腹の肉を揺らしながら一生懸命踊るオジサンダンサーズの姿に、会場全体が応援モードになっていたのを目撃した直後だったので、余計に思ったかもしれない。
少なくとも僕が面白がっている『スナック』の本質は「応援する余白」にあって、マニュアルでマイナス要素を追い払ってしまった瞬間に、一気に魅力がなくなると思った。
お互い口には出さなかったけれも、隣で、前田さんも同じようなことを思っていたと思う。
全然上手くいかないところからお客さんと共有して、一緒にアイデアを出し合って、一緒に汗を流して、一緒に独自のルールを作って、一緒に問題をクリアして、一緒に成長していくところに、スナックの面白さがあるんじゃないかな?
「失敗が無くなる」ということは、「成長率が下がる」ということだ。
今、全国で展開しているスナック『Candy』は、経営に一切口を挟んでいない。
(もちろんアドバイスを求められたら、2000%で返すけど)各店舗が、そこそこ失敗して、苦労&成長を経験すればいいと思っていて、そのストーリーが集客に繋がると思っている。


僕らは看板は貸すけど、売り上げは1円も受け取っていない。
「売り上げのいくらかを、西野でも前田でもない、プロデュースとやらをしてくれた超大手の経営・コンサルティング会社に納めなきゃいけない」となると、彼らは面白くないだろうな。
サービスが行き届いた店もいいんだけどさ、僕は、「タワーマンションに住みたいから、500円のボックスティッシュを1万円で買ってくれない?」という鬼のようなボッタクリをしてくるママがいる店が好きだし、これから強いのは、そういった『人』が前に出ている店だと思う。
「ウチと組んだら1000店舗は狙えます」的なことを言われたけど、組まなくても余裕で狙える。
昨日、イベントの最後に感極まって言っちゃったけど、
こんなこと(素人が一生懸命練習して、緊張しながらステージに立つ姿)を面白がれる人達となら、どこまででも行けると確信した。

以上、2018年8月31日(金)に西野亮廣エンタメ研究所で投稿された記事でした。

次回予告

サロンオーナーがサロンを運営していく上で、持っておかなければならない要素とは?


salon.otogimachi.jp