売れているタレントさんには、現在進行形の「物語」がない

[1年前の西野亮廣エンタメ研究所の記事]

こんにちは、財前です。
今回も、西野亮廣さんが過去にサロン内で公開された記事を載せたいと思います。

オンラインサロン 投稿日2018年8月16日(木)

【物語を手放すな】
エンタメは「いかにお客さんの時間を奪うか?」という競争です(ほとんどのビジネスがそうだけど)。
いわゆる『可処分時間の奪い合い』というやつですね。
人数×コミット時間で、総合計で「10分奪ったヤツよりも、10億時間奪ったヤツが勝ち」という超絶シンプルなルールです。
より多くの時間を奪う為に最も重要なのが『物語』だと僕は考えます。
売れているタレントさんには、現在進行形の『物語』がありません。
これだと、自分が発信している時間しか、お客さんは自分に時間を使っていないので、24時間365日の限界(上限)がどこかで来てしまいます。


一方で売れている途中のタレントさんには『物語』があります。
「応援シロ」と表現してもいいかもしれません。
タレントが発信していない時間帯も、ファンはタレントのことを想い、時にはファンミーティングを開催し、「もっと、こうしたらいいんじゃないか?」「今度、あの番組に出るらしいけど、上手くいくかなぁ?」と議論し、タレントに時間を費やします。
売れている途中のタレントには、その時々でクリアしなければいけない難関があるので、自然と『物語』が発生します。
自然と発生したものなので、ほとんどのタレントはそこに自覚をもっていないので、『物語』の重要性に気づかないまま売れて、『物語』を持たない身体になり、他人の時間を奪いにくい身体になっても、まだ気づきません。
その結果、待っているのは「露出し続けなきゃ食っていけない」という『露出の奴隷』です。
大切なのは、「露出し続けなきゃいけない」ことではなくて、「お客さんの時間を少しでも長い時間奪うこと」で、その為には自分に『物語』を作り続けて、自分のことを語ってくれる「スピーカー」を増やすことが大切だと思います。
売れているタレントほど気をつけなきゃいけない部分です。
SHOWROOMの前田さんは、これを『可処分精神の奪い合い』と表現されていました。
なるほどなぁ。

以上、2018年8月16日(木)に西野亮廣エンタメ研究所で投稿された記事でした。

次回予告

【ヒエラルキー崩壊空間をデザインせよ】。

salon.otogimachi.jp