0点から20点に成長するまでの『過程』を売る『練習エンターテイメント』の可能性

[1年前の西野亮廣エンタメ研究所の記事]
こんにちは、財前です。
今回も、西野亮廣さんが過去にサロン内で公開された記事を載せたいと思います。
「練習エンターテイメント」の可能性大です。

オンラインサロン 投稿日2018年8月13日(月)

 8月30日に開催される『おとぎ町の素敵な音楽会』の件。
「ダンサーになる」とか言い出して、日夜、苦手なダンスレッスンに励んでいるわけですが、フザけているわけではなく(フザけているけど)、実は『ヘタクソ→練習→成長』の一連をお客さんが確認することは、次のエンターテイメントとして、かなり可能性のある話だと思っています。
ハイクオリティーのパフォーマンスは、本当に(本当に)すごいのですが、スマホでいつでも見ることができます。 一方で、オッサンが苦手なことに挑戦して練習してステージに臨む姿は、なかなか拝むことはできません。
『生(ライブ)』となると尚更、希少価値は上がります。
ハイクオリティーのパフォーマンスを売るのではなくて、0点から20点に成長するまでの『過程』を売る『練習エンターテイメント』
先日、箕輪さんと水道橋博士さんがボクシングで戦われていたけど、あれなんて、まさに。
試合はすぐに終わっちゃったし、パンチはグダグタだったのですが、グッとくるものがありました。
「得意でもないことに挑んで、練習してきたことを知っていたから」です。

整理します

『練習エンターテイメント』を成立させる為の条件は二つ。
①苦手なことに挑戦する
②苦手である姿や、練習している姿を事前に見せる
この二つを前に出すことで、『応援シロ』が生まれて、お客さんは前のめりになれる(親心で見るようになる)。
プレイヤーが“そもそもヘタクソ”であることが大前提なので、『練習エンターテイメント』はプレイヤーが歳を重ねれば重ねるほど、面白みが増していきます。
歳を重ねると運動能力が落ちるからです。

『おとぎ町の素敵な音楽会』から『ぼくらの練習発表会』へ

コンセプトを明確にした(何を面白がるイベントなのかをハッキリさせた)方が、お客さんもノリやすくなると思うので、次からはイベントタイトルを『ぼくらの練習発表会』に改名しましょう。
僕が練習してダンスに挑戦したり、
箕輪さんが練習してボクシングに挑戦したり、
舘野さんが練習してロックバンドに挑戦したり、
前田さんが練習して三味線に挑戦したり、
ホリエモンが練習してタップダンスに挑戦したり……そんなイベント。
『ぼくらの練習発表会in日本武道館』は、あながち無い話じゃないと思っています。
ていうか99.9%のプロのアーティストがやれない武道館公演を、ド素人だけでやれてしまった時に、「現代のクオリティー(現代のお客さんが求めているもの)」について、あらためて考えるキッカケになりそうで、面白い。
とりあえず、8月30日に向けて一生懸命練習します

以上、2018年8月13日(月)に西野亮廣エンタメ研究所で投稿された記事でした。

次回予告

売れているタレントさんには、現在進行形の『物語』がない。

salon.otogimachi.jp