「信用×○○屋」の可能性はまだ眠っている

[1年前の西野亮廣エンタメ研究所の記事]
こんにちは、財前です。
今回は、西野亮廣さんが過去にサロン内で公開された記事を載せたいと思います。

「信用×○○屋」の可能性について書かれています。 

オンラインサロン 投稿日2018年7月2日(月)

『しるし書店』のユーザーが、この5日で200人増えました。
やったことと言えば、「ブログで2~3度とりあげたこと」と「ユーザー同士の交流会」を開催したこと。
(※今朝、『しるし書店』のことがYahoo!ニュースに取り上げられていました)
「ユーザー同士の交流会」は効果テキメンで、そこで互いのことを知って、フォローしあうので、交流会参加者が出品した『しるし本』が売れるまでのスピードが分かりやすく上がりました。
「“あの人”の『しるし本』なら欲しい」といったところでしょうか。
これからの時代は「あの人」になることが大切だと思います。


『信用×○○屋』の可能性


ご存知のとおり、『しるし書店』で販売しているのは、「本」ではなく、「出品者の視点」です。
当然、出品者に『信用』がなければ、『しるし本』は売れません。
『しるし書店』は、「古本屋」に「店主の信用」を掛け合わせることで生まれた、まったく新しい仕事です。
(※信用×古本屋=しるし書店)
僕は「紙の本」に興味があるので、掛け算の相手に『古本屋』をチョイスしましたが、この『信用×○○屋』の可能性は、まだまだかなり眠っていると思います。
SNSによって、個人が個人を採点できるようになった(個人の信用度が可視化できるようになった)から生まれた流れなのでしょう。
信用×靴屋=??
信用×カレー屋=??
信用×タクシードライバー=??
…みたいな調子で掛け算を続けていくと、新しい仕事が見つかると思います。
やってみてください。
ポイントは「商品を売るのではなく、店主の信用を売る」というところですね。


【追伸】
昨日の誕生日会で「僕、荷物を持ち歩くのが本当に嫌いなんです。荷物を持つと、フットワークが重くなるから、移動距離が減るじゃないですか」と言ってきた青年がいて、
「ニッチだけれど、キミと同じような人は必ずいるので、そういう人の為に、『荷物を家まで持って帰ってくれるサービス』を作ったら?」
と返しておきました。
家の鍵を預けられるほど“運び屋の信用度”が高ければ、成り立つよね。
収益化できるかどうかは知らねーけど(*^^*)

以上、2018年7月2日(月)に西野亮廣エンタメ研究所で投稿された記事でした。

次回予告

「集客をする」ということ

salon.otogimachi.jp