暗号通貨サラリーマン1号2号

貧乏サラリーマン。暗号通貨で人生を変える。

現実のお金に換金できる⁉️ 〜ブロックチェーンゲーム〜

こんにちは。

暗号通貨サラリーマン1号2号です。

 

f:id:cryptocurrency39:20191125004440j:plain

 

今回は私が最近気になる「ブロックチェーンゲーム」に関して書きたいと思います。

 

まだ認知度は低いと思いますが、今後伸びてくるジャンルだと思います。

 

「ブロックチェーンゲーム」は、簡単に説明するとブロックチェーン上で動作するゲームの事です。

 

と言っても決して難しいものではなく、スマホアプリのようなゲームだとイメージする方が良いと思います。

 

基本的なゲーム内容はスマホゲームと同様です。

 

ただ、少し違う点があってブロックチェーンを使っていることによる特徴がいくつか存在します。

 

最大の特徴は、ブロックチェーンゲームではETHなどの仮想通貨が使え、さらにゲーム内資産を仮想通貨にも変えられるという点です。

 

一般的なスマホゲームでは、どれほどレアなキャラクターやカードを手に入れても、それを現実世界に持ち出すことはできませんし、基本的に換金もできませんね。

 

しかし、ブロックチェーンでは、ゲーム内で手に入れたレアなキャラクターを他の人に販売したり、ゲーム内イベントの上位に入った報酬として仮想通貨を貰ったり出来るのです。

 

ガチャに似ている仕組みを採用しているゲームなら、レアキャラを引きそれを換金すればプラスになることも珍しくありません。

 

なお、現時点ではほぼ全てのゲームがイーサリアムのブロックチェーンを利用している為、使われる仮想通貨はETHとなっています。

 

もう一つの特徴として、ブロックチェーンを利用するので、ブロックチェーンの利用料金が発生するという点です。

 

例えば、イーサリアムでは、イーサリアムのブロックチェーンにデータを記録する際に「ガス」という手数料が発生します。

 

同じようにブロックチェーンゲーム内でイベントに参加する場合などに少額のETHが必要になるケースがあります。

 

初期投資0円プレイもできるゲームは存在しますが、より円滑にプレイするには数千円程度のETHがあった方が良いと思います。

 

そんなブロックチェーンゲームですが、実は日本でひそかに盛り上がっており、参入企業が増えているみたいです。

 

今後、一大ブームになる可能性もあるので、興味が湧いた方は今のうちにプレイしていた方がいいかもしれませんね。

 

 

〜最後に〜

ブロックチェーンゲームの参加〜現金化の流れを説明させて頂きます。

⑴イーサリアムを購入

ほぼ全てのブロックチェーンゲームはETHに対応しています。

まずは、仮想通貨取引をする時と同じように、ETHの現物購入をします。

 

⑵ウォレットの準備

ウォレットは仮想通貨のお財布です。取引所で購入したETHを自分のウォレットに移さないとブロックチェーンゲームができません。

 

ゲームによって対応しているウォレットがあるので事前に調べておいて下さい。

もっとも多くのゲームに対応しているのは「マイイーサウォレット」です。

 

公式サイトにアクセスして、アカウント設定すればウォレットの準備は完了します。

 

その後、イーサリアムアドレスを確認してETHを保管している仮想通貨取引所から送金します。

 

⑶ブロックチェーンゲームをプレイする

ゲームを始めるとウォレットとの連携可否を聞かれるので、連携を承認すればOKです。

 

 

下記に「マイイーサウォレット」公式サイトのURL貼りますので興味のある方は是非。

www.myetherwallet.com

 

 

現実のお金に換金できるゲームは興味深いですね。

次回、代表的なブロックチェーンゲームを紹介したいと思います。

 

👋