暗号通貨サラリーマン1号2号

貧乏サラリーマン。暗号通貨で人生を変える。

「Santiment」仮想通貨の正しい情報を見極めよう!!

こんにちは。

暗号通貨サラリーマン1号2号です。

 

 

いよいよBell Wood取引所のメンテナンスが終了しますね。

個人的には、「BLLPの価格に注目してます。

 

理由はネット上でどえらい価格表示を目にした為です。

 

ネット情報を全て鵜呑みにしてはいけませんが、多少は期待しときます。

 

 

今回は、仮想通貨情報ソースプラットフォームの

「Santiment」に関して書きたいと思います。

 

まず、仮想通貨において重要なのは、情報収集とその分析ですよね。

 

しかし、数多くある仮想通貨の情報を余すことなく収集し、それを分析することは容易ではありませんよね。 

 

そんな投資家の悩みを解決する可能性を秘めているのが「Santiment」です。

 

 

多くの仮想通貨トレーダーに、トレードするコインの種類や時期を決めるのに何を参考にするかと質問すると、大体の方はテクニカル分析と答えると思います。

 

従来の投資においては、資産の価格と出来高の過去の傾向に基づいて、いわゆるテクニカル分析を用いて投資をするのが一般的だったからです。

 

ただ、仮想通貨は前例のない投資商品です。

 

価格変動幅が非常に大きい為、伝統的な投資商品とは大きく異なるのです。

 

にもかかわらず、「なぜ他の投資と同じ手法に依存しているのか?」という疑問に対して動いた人物がSantiment創業者Maksim Balashevichです。

 

仮想通貨価格の特徴として、他の市場よりも価格が群衆の気分や感情などの要因と強く相関する傾向があると気付いたのです。

 

こういった仮想通貨市場の特殊性や、正常とはいえない環境を理解してトレードする必要があると考えたそうです。

 

しかし、残念ながら仮想通貨市場において、価格を簡単に操作できることは、公然の秘密になっていますね。

 

例えば、取引所や投資家自身が持つ複数の口座間で取引を行い、あたかも本当に取引が行われているように装う「ウォッシュトレーディング」や価格操作を目的とした組織的な売買、パンプ&ダンプなどが行われ正常とはいえない環境にあるのが事実です。

 

これらの問題に対処する為に創業者Maksim Balashevichは「Santiment」の市場インテリジェンスプラットフォームを作りことに決めたのです。

 

Santiment独自のデータ指標には、Emerging Trendsツールという非常にユニークなインジケーターがあります。

 

このツールは、ソーシャルデータの一部として、1000を超える暗号化ソーシャルメディアチャンネルをフォローしているのです。

 

そして、世界中の仮想通貨ソーシャルメディアでもっとも話題になっているトップ10をリスト化し、9時間ごとに確認できるようになっています。

 

このリストに特定の仮想通貨に関わるトピックが登場した時は、価格の上昇としばしば相関していることが分かっているそうです。

 

これは話題性によってその仮想通貨が購入されることを示しているのだとか。

 

今後Santimentは、仮想通貨市場の情報リーダーとして仮想通貨トレーダーから支持されるかもしれませんね。

 

 

下記にSantimentホームページのURL貼りますので、興味ある方はSantimentのサイトで市場の概況と気になるコインの情報を入手してみてはいかがでしょうか。

 

santiment.net

 

👋