暗号通貨サラリーマン1号2号

貧乏サラリーマン。暗号通貨で人生を変える。

仮想通貨のブロックチェーン? 具体的な仕組みとは? 

こんにちは!

暗号通貨サラリーマン1号2号です。

 

f:id:cryptocurrency39:20190912200315j:plain

 

昨日のブログで

そもそも仮想通貨とは何か?

 

ということを簡単に説明させて頂きました。説明の中でブロックチェーンというワードを出したのですが、

今回はそのブロックチェーンに関する記事を書いて行こうと思います。

 

ブロックチェーンとは、分散型台帳技術とも言い、取引の記録をネットワーク上に分散させ、それをブロックのようにつなぎ合わせることで成立させることができるもの。


例えば、「AからBへ10ビットコイン移った」という記録をPeer To Peerネットワークの様々な場所に分散させ、それを他の取引と共にブロック化してしまうのです。

 

そして、そのブロックが改ざんされていないかを定期的にチェックしていくのです。

 

これをすることで、一部のブロックのデータがハッキングされても、まわりのブロックとの整合性が取れていない為すぐに修正されるので、理論上は不正に通貨を増やすということができないようになっているのです。


このチェック作業は有志のパソコンによって行われ、チェック作業を行うと報酬が支払われます(マイニング)。


イーサリアムやリップルなど、ビットコイン以外の仮想通貨も全てこのブロックチェーンの技術が使われています。

 

イーサリアムは、ブロックチェーンを使って

契約を管理するスマートコントラクトを提唱していたり、

リップルだと送金速度やコストを改善して

国際送金をスムーズにすることを目指していたりと、

通貨の種類によって目指す方向性、開発力は異なっています。


このような通貨の特徴を知ることも、仮想通貨の投資をしていく上で重要なポイントになると思います。

 

また、ブロックチェーン技術は仮想通貨だけでなくIOTの時代に欠かせない技術として、その社会的影響はインターネット技術以上になる可能性を秘めていると思います。

 

 ブロックチェーン! 

伸び代ありそうですね!!

 
因みにブロックチェーンの技術、それをもとにした通貨ビットコインを生み出したのが

サトシ・ナカモト」さんみたいです。


日本人のような名前ですが、本名なのか?そもそも個人ですらないのか?など謎のままとなっているようです。

 

いつか会ってみたいですね、サトシ・ナカモトさん、、、

 

また仮想通貨の情報をお届けします!

 

👋