暗号通貨サラリーマン1号2号

貧乏サラリーマン。暗号通貨で人生を変える。

そもそも仮想通貨とは?

こんにちは!

暗号通貨サラリーマン1号2号です。

 

 

f:id:cryptocurrency39:20190912140706j:plain





今までベルコインに注目して記事を書くことが多かったのですが、そもそも仮想通貨とはいったい何?と思う方もいらっしゃると思います。

 
簡単に説明させて頂くと、

仮想通貨とはブロックチェーンと呼ばれる技術をもとに取引を可能にしたプログラムの事です。

 

英語で書くとCryptocurrency

暗号通貨」という意見になります。

 

私逹が日頃使っている法定通貨とは多少異なった通貨です。

 

[法定通貨]

・実体   紙幣や硬貨
・発行量  上限なし(金融政策次第)
・信用   国が信用を裏付ける
・単位   日本円では1円が最低単位
・価格   額面は一定だが、物価上昇によって上下する
・取引の場 銀行、証券会社など

 


[仮想通貨]

・実体   なし
・発行量  上限あり(ビットコインの場合は2040年までに2100万BTC)
・信用   明確な信用はなし
・単位   ビットコインの場合は、0.00000001(1億分の1)BTC
・価格   需用と供給によって決まる
・取引の場 仮想通貨取引所

 

f:id:cryptocurrency39:20190912142440j:plain私達が普段使っている

日本円(法定通貨)

国の機関である

中央銀行が発行しています。

 

 情勢が安定している時は問題ないのですが、ジンバブエのように政情が不安定になると通貨の価値は崩壊し、極端なインフレを起こすことがあります。


ジンバブエは極端な例だとしても、中央銀行が発行・管理する通貨システムには限界があると提唱している人は少なくはありません。


それに代わる手段として期待されているのが仮想通貨です。


ビットコインをはじめとした仮想通貨が登場してから極端な値上がりを起こしているのは、この期待感の表れといってもいいと思います。


とはいえ、ビットコインをはじめとした仮想通貨が世界的な規模になって安定的に使われるかというと、その点においては未知数だと思います。


今は世界中で活発に取引されているものの、現時点ではビットコインだけで生活ができるほど決済できる場所は多くないです。

 

f:id:cryptocurrency39:20190912143340j:plain


あくまでその期待感可能性に賭けて投資されているという点を忘れてはいけません。 

 

しかし

私は仮想通貨の伸び代に期待して、今後も注目していきたいと思います。

 

そして有益な情報を入手したらこのブログを通して発信していきたいと思います。

 

👋